「できない」ままの思考にさせない



幼稚園の頃は何かと先生がかまってくれて

一緒に遊んでくれて

でもそれが小学生にあがると

今度は先生というのがそれまでより遠くなってしまいますよね。

お友達やコミュニティ、社交の場の中で

ひとりの人として立って行くときなのでしょうね。

そして小学生もひとつ、またひとつって年を重ねるにつれて

小学校で点数をつけられたり評価される場面に出くわし

そういうことで自分の得意不得意がでてきて

はじめて人と自分を比べるという環境と

自分自身にきっと戸惑うのでしょう。

ワタシは長くやっているのに

後から入って来たお友達より成長が遅い、または下手だ。

という風に自分で決めてしまった場合、

既に「自分は下手だ、できない」

というレッテルを自分で自分に貼るようになる。

そうすると、そこが第一歩となって

大人になるまでにその思考を拭えないと

自己肯定感がとても低くなってしまう恐れがある。

だから私たちが小さい子供と接するときに気をつけることをは

「できない」という思考のままにさせないこと。

「できない」を「乗り越えればできる」

という思考にもっていくにはとにかく体験をさせること。

何度も何度もやってもらって小さな成功体験を増やし、

「やればできるじゃん」思考にもっていってあげること。

日々自身も一緒に成長させてもらっています。

小さな先生たちに感謝です。

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示