ずっと鏡を見ていてもうまくはならない

初心者さん向けに

上達方法のポイントをひとつシェアするとしたら、

前に鏡があると

ついつい気にして自分の写りを

見てしまうんだけど


鏡の中の自分をいくらみても

最初はうまくなりません。


鏡の中の自分をみるより

先生を見ましょう!


穴があくくらいよーーく見て

その動きを脳に覚えさせるのです。

あたかも自分の動きかのように。

(内側から)


どこの筋肉をどう使っているのか

研究するのです。


次に

鏡の中で自分と先生を同時に見ます。


そこでシンクロするかのように

カタチを整えていきます。

(外側から)


こうして内側からのアプローチだけで

できるようになるものもあれば

外側からのアプローチがあってはじめて

どう内側を使っているのか

気づくものもあったりして


こうして段々と本当に正しい動かし方を

身につけていくのです。


鏡の中の自分を見るのは最後!

正しい綺麗なパフォーマンスというのは

というのを覚えてからです。

4回の閲覧

08049405390

群馬県高崎市菅谷町847-6

©2019 by Hula Halau Māla Moku